News

JHSP再開に関して

*ページの最後のリンクよりプロトコルの詳細をご確認ください。

ジャパン・ハウス サンパウロは、政府の衛生局が示すガイドラインに従い、10月20日から再開致します。再開に際しての第1フェーズとして、営業は火曜日~日曜日の11時~17時までとし、定員数も通常の60%に制限する。入館は無料であり、来館はジャパン・ハウス サンパウロの予約専用サイトからの事前来館予約のほか、先着順で行われる当日入館等の方法がある。

+予約専用サイト

その実現に向けて、来館者及びサプライヤーを含めた施設に関わる全てのスタッフの安心・安全も常に確保するため非常に厳しい衛生基準を満たしたプロトコルをパウリスタ・カルチュラルに加盟している文化施設・センターと共同で作成し導入している。このプロトコルは、多数の保健機関(世界保健機関、ブラジル保健省、サンパウロ州及び市内衛生局)が推奨しているガイドラインをもとに作成された。

また、ジャパン・ハウス サンパウロは サンタクルス病院感染症課のコンサルティングも受け、活動再開に向けてプロトコルの安全性を十分に検証した。

対策に関して

10月20日再開の第1フェーズで実施される対策としては、定員数を通常の60%とし、来館者 及びスタッフにはマスクの着用を義務化する。エントランスには、アルコールジェルディスペンサーや消毒用マットを設置。入館者は体温測定の後、ソーシャルディスタンス(1.5m)確保のためのマークに沿って移動する。館内は、全てのスペースにおいて清掃頻度を上げる。その他にも、安全対策紹介ビデオやQRコードを使った対策紹介等で感染拡大防止に向けた注意喚起を促す。安全性を強化しながら、来館者への適切な案内やサポートを実現するため、施設スタッフ全員に対して各部門で必要とされる感染予防対策訓練も実施した。

そして、ジャパン・ハウス サンパウロの施設で使用されている空調・換気システムは、空気を40分毎に100%の入れ替えを可能にする。

サービスに関して

施設内の日本の食文化を楽しめる和食レストラン「藍染」やカフェ「茶房未来」、また日本の選りすぐりのアイテムを取り揃えたギフトショップ「Shin (真)」と「Furoshiki(フロシキ)」もジャパン・ハウス サンパウロが作成したプロトコルを遵守し、営業を再開する。

坪庭とテラスは定員制限を設けた上で開放。一方、本や情報端末を通じて日本文化を伝えるマルチメディアスペースなどのスペースやセミナー、ワークショップ、ガイド案内などは今回の再開を見送り、状況の改善に合わせて改めて再開することを予定している。

#JHSPONLINE

休館期間中にスタートし話題となった、デジタルプラットフォームを活用し日本文化や習慣などのコンテンツを配信するプロジェクト「#JHSPONLINE」は、より多くの方にジャパン・ハウス サンパウロの活動やその魅力を伝えることができる有用性から、今後も継続して配信していく。

--

ジャパン・ハウス サンパウロ 再開情報(第1フェーズ)
再開日:2020年 10 月 20日
住所:サンパウロ市パウリスタ大通り52番地
開館日:火曜日~日曜日
開館時間:11時~17時
入館無料
オンライン予約サイトのご案内: https://agendamento.japanhousesp.com.br/

--

*こちらから完全なプロトコルをご確認ください。

 

トップへ戻る