記事

ヘビー級たちの里、両国国技館

Share

日本の東京にある両国国技館の周辺全てに相撲が息づいています。界隈の隅々の資料館、庭園、飲食店、売店などあらゆるスーペースは日本で最も人気のスポーツである相撲の伝統を取り上げています。その伝統のスペクタクルも、国技館の内側で一月から更新されます。力士たちが大相撲初場所のためにそこに集います。

+ 日本の6つの武道の歴史、技術と精神を紹介した「DŌ (道) ― 徳の極みへ」展を思い出してみよう

観衆はシーズン開始から一番とも見逃したりしません。というのも、相撲とは思いがけない展開とほぼ同義語であることを理解しているからです。1月、3月、5月、7月、9月と11月に開催される相撲最大の大会である「場所」では、勝者が大きく入れ替わることが当たり前です。そのため、一番一番が壮大なドラマの意味合いを持ちます。

今年の大相撲初場所では、最高地位にあたる横綱を目指す24歳の若手日本人力士の貴景勝光信に大きな注目が集まっています。多くの相撲ファンは、2020年に息を飲む一番で負けてしまった29歳のモンゴル人照ノ富士春雄を相手にまた一大名勝負を演じることを期待しています。

相撲ファンの多くにとって、建築そのものが数百年来の伝統を伝える両国国技館は、記憶に刻まれる取組が最も多く行われてきた大舞台です。国技館は、毎年三場所(1月の初場所、五月場所及び九月場所)の会場です。1985年に完成した国技館は、このスポーツの生きた記憶でもあります。アリーナの内外で像、ポスター、旗である「のぼり」などが一体となり、相撲の歴史を語ってくれます。

両国国技館に入ると、来館者は、日本古来の宗教「神道」に繋がる相撲の起源に案内されます。今でも、取組前に塩で土俵を浄めるなど、神道の伝統が数多く守られています。一階にある博物館では、来館者は相撲が現在の形まで発展してきた流れを見ることが出来ます。説明資料を通じて、相撲は儀式的な舞いとして始まり、戦乱時では鍛錬の方法として用いられ、最終的には、対戦相手を土俵の外側に出す、あるいは身体の一部を地面に付かせることを目指す純粋な格闘技へと移り変わっていたことを知ることが出来ます。

取組がある時期、両国国技館は雄大な張り詰めた空気の大釜 へと様変わりします。一万以上ある客席は競争率が高く、観戦したい人は計画を立てていかなければ観ることは出来ません。取組は午前8時ごろから始まり、午後6時まで続きます。最も地位が高い力士たちの取組は必ず終盤になります。場所の日程は日曜日に開始し、二週間後の日曜日に終了するように組まれています。

2021年の大相撲で唯一確かなことは、全場所が終了した後も、両国という地は相撲文化を生き続けることでしょう。国技館の界隈では、歴史に残った取組についての展示を鑑賞したり、相撲の稽古が行われる施設「部屋」の厳しい日常を見学したり、「ちゃんこ鍋」などの力士たちの伝統的な食事を味わったり、界隈を歩く元力士たちと写真をとることなどがいつでも出来ます。ここ領国では、相撲とは、伝統を敬う神聖な循環を守り続ける営みなのです。

トップへ戻る