WINDOWOLOGY: Estudo de janelas no Japão

展示

『WINDOWOLOGY: 窓学 窓は文明であり、文化である』展

会期

2021.06.29―2021.08.22

火曜日~金曜日

10時~17時

土曜日~日曜日・祝日

9時~18時

入館料

無料

Share

『WINDOWOLOGY: 窓学 窓は文明であり、文化である』展

ジャパン・ハウス サンパウロは、『WINDOWOLOGY: 窓学 窓は文明であり、文化である』展を6月29日から8月22日まで開催します(入館無料/2F)。ジャパン・ハウスの巡回企画展として、 ロサンゼルスに続き2拠点目の開催となる本展では、窓を学問として研究する窓研究所の協力のもと、窓のデザイン、社会との関わり、建築そして文学における窓の役割をご紹介しながら、窓の存在意義を紐解きます。窓は、一見とてもシンプルで日常的なものとして捉えられていますが、パンデミックによる社会的隔離が続く昨今では特に、窓は必要不可欠な存在となっています。本展では、手仕事の窓、環境の窓、茶室の窓、現代住宅の窓など9つのテーマに分け、図面、模型、写真、映像、漫画や文学作品を通して、日本の様々な環境に適した用途や時代の変化がもたらした多様な様式、外部と内部を繋ぎ光や空気を内部に取り込む役割を担う窓、また寒さや雨から人間を守り、屋外の景色や人々の動きを観察することを可能にする、日常に溶け込む優れた建築構造物として窓の存在に迫ります。

日本の窓は、伝統的に大部分が木製の柱と梁で作られた構造体の間に、戸や窓といった建具を可動させることによって空間全体をフレキシブルに仕切り、風を通すなどの特徴的な性質を生みます。例えば、茶室は小さな空間に多様な窓を組み込む特別な設計で建てられています。特に「擁翠亭」、別名「十三窓席」は日本で一番窓が多い茶室として知られています。本展では、日本製の手漉き和紙を用い実物大で再現した「擁翠亭」も展示します。

また、窓と日本の伝統工芸の関係も垣間見ることができます。日本の職人が手仕事をおこなう工芸品の作業場や工房において窓は、窓を開けることで材料となる粘土、木材、布や紙などを乾燥させるための風を取り入れ、蒸気を逃がし、また窓を閉めることで物を燻し、熱を取り込めるという生産過程の重要な役割を担っています。「窓は様々な象徴を秘めた詩的な存在ですが、あまりにも生活に溶け込んでいるため直感的にその価値を感じることはあまりないでしょう。しかし、他者との隔離や孤立と言った、昨今のパンデミック下においては特に、私たちは窓の重要性を感じ、その存在意義を理解せずにはいられないと思います」とジャパン・ハウス サンパウロ企画局長ナターシャ・バルザギ・ジーネンは語っています。

今回、本展のキュレーターとしてお招きした五十嵐太郎氏は、窓は歴史的、建築的な価値に加えて危機的な状況下においては、人々が希望や感謝の気持ちを共有するユニークな役割を果たしていると考えています。「窓は常に、様々な地域や文化を持つ人々それぞれに特有の行動を喚起させてきました。その多様性は、このコロナ渦では特にその特性を強く認識することができると思います。例えば、窓辺に立ち近所の人たちのためにオペラを歌う、医療従事者へ感謝のメッセージを送る、あるいは窓から物を渡すなど、ソーシャルディスタンスを保ちながらもその想いを届けるといった活動があげられます」と語っています。五十嵐氏は日本の工学博士、建築史家、建築評論家であり、東北大学大学院では教授として教鞭をとる一方、2008年の「ヴェネツィア・ビエンナーレ」では日本館のキュレーターとして、また「あいちトリエンナーレ2013」ではアーティスティック・ディレクターとして活躍されています。

WINDOWOLOGY: Estudo de janelas no Japão
©️JAPAN HOUSE Los Angeles

『WINDOWOLOGY: 窓学 窓は文明であり、文化である』展は窓を文化的なオブジェクトとして捉え、様々な見方や観点を通して、現代に至るまでの窓の文化にフォーカスした展示です。

本展は、オンラインプログラムやSNSでも様々なコンテンツを発信します。また、本館での展示の後、ジャパン・ハウス ロンドンでの開催を予定しています。

WINDOWOLOGY: Estudo de janelas no Japão
©️JAPAN HOUSE Los Angeles

--

窓研究所について

窓研究所は「窓は文明であり、文化である」の思想のもと、建築文化の発展に寄与するべく、窓や建築に関する多角的な知見の収集・発信に取り組み、研究や文化事業等の助成、開催をおこなう公益財団法人です。過去10年にわたり独自に研究活動を実施するに留まらず、国内外の研究機関、美術館等との連携により、建築、文化、芸術などの分野における国際的な取り組みを展開しています。

ウェブサイト | Facebook | Twitter Instagram

--

『WINDOWOLOGY: 窓学 窓は文明であり、文化である』展
開催期間:
2021年6月29日~2021年8月22日*
会場: ジャパン・ハウス サンパウロ (2F)
住所: サンパウロ市パウリスタ大通り52番地
開館時間: 火曜日~金曜日 | 10時 ~ 17時
土曜日~日曜日・祝日 | 9時 ~ 18時*
オンライン予約サイト: https://agendamento.japanhousesp.com.br/agendamento

*開館日および営業時間はサンパウロ州によるガイドラインによって変更される可能性がございます。

トップへ戻る