記事

東京オリンピック・パラリンピック:史上 最も技術を駆使した五輪大会

Share

多くの人にとって、2021年が始まった今でも、2020年がまだ終わっていない感があります。分からなくもないことでしょう。新型コロナウィルスのパンデミックによる自粛措置のため、世界中で様々な儀式、祭典、競技など、ローカルおよびグローバルの式典や行事が中止となってしまいました。

世界最大の多種目スポーツ大会である東京五輪・パラリンピックは、その「まだ終わっていない年」の最たる例かもしれません。事実、大会が2021年に延期になった後も、主催側は表記を2020年のままにしておくと決定しました。そのために、「東京2020」は2021年の7月から9月にかけて開催される、という五輪史上かつてなかった事態が生じています。

日本側は、東京オリンピック・パラリンピックが前代未聞の異例な大会になることを理解しています。開催までにスポーツ観戦の制限がまだ続いている可能性があり、そのために多種多様な対策が必要になっています。このような多くの進路変更を経ながらも、日本は自国の大きな魅力の一つである「技術」を駆使して、世界協和のシンボルにすることを目指しています。

ロボット工学、航空技術、電子分野などの先端を行く日本は、世界に向けて、未来のテクノロジーをいくつか紹介していくことを目指しています。ある意味、日本の発展の象徴にもなった新幹線を世界に見せつけた1964年の東京五輪の再来と言えるでしょう。2021年、世界の視線は、日本の技術革新に深く浸透しているロボットやモノのインターネットなどに向けられています。

仮にパンデミックのために観客の会場訪問が減少することがあっても、東京都は206カ国からオリンピック選手を1万1千人、パラリンピック選手を4千人受け入れる予定です。成功を収めるためには、輸送サービスの徹底的な計画が必要です。そのため、路面電車、バスや鉄道などに搭載されたセンサーが車両の弱点を検出し、メンテナンスがいつ必要になるかと予想します。全ての情報共有は、遅刻や予測されていない事態が発生しないようにリアルタイムで行われます。

空港では、Haneda Robotics Labが開発したロボットが選手や観光客を歓迎します。多言語ガイド機能付きで、簡単なフレーズで来訪者らの移動に関する質問に答えてくれます。同じロボットがスーツケースや容器などをスキャンし、怪しいものを発見した場合、当局に連絡します。楽しませてくれる上に、大会の運営に役立つ多数のロボット群の一員です。

+日本の教育の在り方の変革に一役を買っているロボットたちをもっと知ろう

スタジアムのほうでは、ボランティアがダーツや砲丸などの投てき物を回収する際に協力するフィールド競技サポートロボット(Field Support Robot - FSR)が一つの例として挙げられます。また、身体が不自由な観客や選手の誘導を行ったり、軽量の物品の持ち運びを行う生活支援ロボット(Human Support Robot - HSR)の装備も予定されています。

そしてやはり、ロボットやハイテクは、リアルとバーチャル双方でのセキュリティ確保の力強い味方になります。五輪会場のモニタリングを行うロボット以外にも、日本では人工知能を主体とした非常に広範囲な体制を敷きます。大規模システムに監視カメラやドローンを統合させ、何十万人の顔認証が同時に出来るようになります。

セキュリティ関係のもう一つ新しい取組は、パナソニック社の群衆監視システムです。この技術では、パトカーの車載カメラの情報を利用して、大規模の人の流れを分析し、円滑な移動に貢献するのと同時に、不審な態度の検出にも役立ちます。この技術は、セキュリティ会社ALSOK社が開発した、攻撃的や心配などの表情を検出するソフトと連動して使用される予定です。

直接の対人接触が制限されているこの時期に非常に大きな意味を持つのはバーチャルセキュリティです。この分野では、データや通信の安全性を確保するためにハッカー220名を採用するという新しい取組がありました。この配慮は、最近のオリンピック・パラリンピックでのサイバー事件の件数を考えれば納得がいくものでしょう。2016年のリオデジャネイロ五輪は、420万件のもサイバー攻撃の試みが行われました。

テクノロジーはまた、災害時の電力復旧にも貢献します。2011年の複数の地震や津波のために全国各地で停電が多発し、当局はより頑丈で回復力の高い配電技術を構築することにしました。現在、日本には電力消費や供給などの計測するインテリジェントツールが実装されています。結果的には、電力消費の最適化を図り、無駄を省くことができます。やはり、東京オリンピック・パラリンピックでは、予定通りにいかないことがあってはならないでしょう。

トップへ戻る