ARTIGOS

日本のスケートボードのスポーツ界

パンデミックのために2021年7月に開催されることになった2020年の東京オリンピック種目にスケートボードが新競技として初採用されたことにより、日本での人気がさらに高まりました。

五輪種目としてスケトボードが発表されてから、瞬く間に堀米雄斗や西村碧莉などの定評ある選手は、その地位に加え、日本のメダリストの期待の星になり、多くの宣伝に取り上げられ、各地の若者のインスピレーションとなりました。そして、日本各地、特に小さな街や郊外でコースが作られるようになりました。母親や父親が子供をスケートボード教室に入れたり、競技のためにコーチを雇ったりすることは一般的です。

首都で最も賑やかなコースの一つは駒沢オリンピック公園です。学生街にある駒沢大学から徒歩5分です。都庁は木製のミニランプを5カ所、そしてマニュアル台、ハンドレールやコーンなどの障害物を設置しました。これで、スケートボーダーたちは、手すり、階段などの市街地でのトリックを行う「ストリート」という競技と、空のプールのようなボウルと呼ばれるセクションでのジャンプや空中のトリックを行う「パーク」という競技や、「ハーフパイプ」と呼ばれるU字型のランプでジャンプを行う競技を練習することが出来きます。

+ 史上最もテクノロジーが発達した大会、東京オリンピックとパラリンピックについてもっと知ろう.

しかし、東京の古株のスケーターたちは、20年前からある田町スケートパークのほうがお好みです。全国の有名無名のプロスケーターは何らかの時点でそこで滑っています。ただし、他のあまりもてはやされていないコースでも練習をしています。トリックを練習する場所やスケーターたちが出会う場所が充実している浦安市、川口市や横山市などには熱いスケートシーンがあります。

+ ヘビー級の里、両五穀国技館について知ろう

一方、コースがない場所ではスケーターたちの生活はあまり楽ではありません。スケートボードを練習することの妨げになっている要素の一つは、多くの日本の市街地の営業時間は賑わっており、市民にとっては事故を起こす可能性が高いからです。そのため、人通りの少ない公道で、お互いに支え合いながら深夜にしか練習ができないスケーターたちが多いのです。共同体であることは日本と世界のスケーターたちの切り札のようです。

トップへ戻る