記事

長野県にある人間も猿も楽しめるリラックス温泉

Share

日本の文化では、「水」は非常に重要な役割を果たしています。広く一般的な風習の一つとして、神社に参拝する時、手を洗い、口をすすぎ、自分自身を浄める行為があります。日本に根ざしたもう一つの伝統文化は、リラックスするために、そして社会交流や絆を深めるために温泉に行くことです。

全国には3000以上の温泉地があります。温泉(おんせん・天然の温かい湧き水の意味)として認められるには、水温が25ºC以上でなければなりません。とはいうものの、通常、温泉水は40ºCを超えています。水を熱しているのは、日本全土で発生する火山活動によるものです。温泉は、その水に含まれているミネラル成分によって色々な効能があるとされ、その土地によって異なります。

「日本の屋根」として知られる長野県は、川や山や森に囲まれた露天温泉で有名な場所です。日本の冬にあたる12月から3月の間、繊細な雪の層に彩られる景色は、更に美しく映えます。1998年に長野で冬季オリンピックが開催されたときに広まったそのニックネームは、県内に日本で最も高い山脈が存在することに由来しています。

大会から20年以上経った今も、長野はスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが楽しめる主要観光地です。注目の一つは、北アルプスに位置し、最高の雪質と11メートルにもなる積雪のコースが200以上ある白馬村です。

+日本のスケートボート競技の世界についても読もう

そこから2時間以内の距離にあり、上信越高原国立公園の中心に位置する志賀高原では、日本屈指の規模を誇るスキーエリアがあります。スキー場は19カ所、コース全長80キロ以上で、スキーヤーの好みや熟練度に合わせて分かれています。サンバレーエリアのスキー場は初級から上級までのコースがあり、また、丸池エリアは、この地域で最も難易度が高い場所になります。

ゲレンデで一日を過ごした後は、県内の200以上の温泉地で筋肉痛を癒すことほど爽快なことはありません。最古の温泉地として知られるのは、1400年以上の歴史がある別所温泉です。別所温泉は、鎌倉時代(12世紀から14世紀)、この地方の行政、教育、信仰の中心地でした。

上林温泉は、さまざまな宿泊施設があり、長野の主要な観光名所の一つでもある地獄谷野猿公苑と温泉を共用しています。温泉旅館から2キロの山中の散策路を進むと、猿たちに出会えます。ちなみに、この道は通常、冬になるとさらに美しくなります。

人間と同じように、猿たちも、特に寒い時期、地獄谷温泉に浸かることが大好きです。この地方が「地獄谷」として知られる理由は、険しい地形と地熱活動が、ギリシャ神話の冥王ハーデスの地獄の描写を連想させるからです。

野猿公苑を訪れた後は、渋温泉に行くことをおすすめします。1300年以上間続くこの温泉地は、ミネラル成分に富んだ泉質で、湯治の場所として知られています。スタジオジブリのファンにとって、この温泉地にはもう一つ特別な場所があります。250年以上の歴史を持つ旅館「金具屋」は、2003年にアカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞した宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の湯宿のヒントになったとされています。

 

Macacos selvagens no Parque dos Macacos da Neve de Jigokudani, em Nagano
Macacos selvagens relaxando nas águas termais de Jigokudani, em Nagano
Turistas e macacos selvagens no Parque dos Macacos da Neve de Jigokudani, em Nagano

長野でのお薦めの温泉の締めくくりに、温泉地で「温泉卵」を食べてみましょう。温泉で40分ほど茹でた卵です。黄身は固く、白身はクリーミーな不思議な見た目のこの卵は、みりん、だし、醤油にネギをまぶした、あっさりとした味付けで振舞われています。

Onsen Tamago sendo cozidos nas águas termais
トップへ戻る