記事

漢検 漢字博物館・図書館

Share

1995年以来、日本漢字能力検定協会では毎年、「今年の漢字」を公募します。漢字とは、中国発祥の表意文字の一種で、長年変化をしながら、現在、日本で使用されている4種類の文字の一つであります。日本では漢字の重要性は極めて大きく、公募あるだけではなく、その壮大な歴史を保管し、詳しく説明する場所があります。それが、京都市にある「漢字博物館・図書館」です。

二階建てのインタラクティブ博物館である漢字ミュージアムは、来館者に楽しみながら学べる遊びを通して、漢字の秘密を解く機会を提供します。一階の入り口では、その年の世相をまとめるものとして国民が選んだ漢字を見ることが出来ます。2020年、票が最も多かったのは「密」。濃密、密集、密接などを意味する字です。

「密」は、コロナウィルスのパンデミック中に密集を避けることを呼びかける政府の宣伝で使われていました。京都の清水寺貫主が書いた漢字は、発表が行われる同寺に数日間置かれた後、過去に選ばれた漢字と共に、博物館で展示されます。

また1階では、漢字の歴史について起源から現在まで表すタイムラインを見ることが出来ます。江戸時代や明治時代初期の浮世絵や新聞も収蔵されており、ボールペン、鉛筆、パソコンや携帯電話など、何十年と使われ続けてきた筆記道具もあります。また、非常に珍しい漢字タイプライターもあります。

多くのアトラクションの中で最も注目を引くのは漢字タワーでしょう。高さが8メートル近くあり、『大漢和辞典』に載っている5万字のも漢字を展示しています。同辞典は諸橋轍次氏が編纂したもので、53万字を揃えた漢字の決定版とされています。見やすくするため、漢字タワーの漢字は、日常の使用頻度に基づいて異なる色やサイズで表示されています。ここでは、日本人来館者は、漢字の海から自分の名前の漢字を見つけるチャレンジができます。

2階では、大人も子どもも楽しめるインタラクティブなアトラクションが注目です。例えば、日用品や動物など分かりやすい漢字のクイズに答えたり、ある一つの漢字を完成するための部首の組み合わせを当てたりするゲームなどがあります。

館内の様々な場所で写真撮影が可能ですが、撮影が別次元に映えるアトラクションがあります。来館者は、小さなフォトスタジオで自分の体を使って漢字の形をつくるチャレンジができます。漢字の知識よりも、完璧な形を目指して体を屈曲させてその姿をギャラリーに写させることが面白いです。

最後に、来館者は「日本語にまだ無いけれど必要だと思う漢字は」という簡単な質問から、新しい漢字を生み出すチャレンジもできます。もし疑問がある場合、図書館には、大人向けと子供向けの膨大な本が用意されていて、また広範囲な調査向けに辞典も揃っています。

元弥栄中学校跡地で2016年から運営している漢検漢字博物館・図書館は、京都市内でもアクセスが便利な祇園町の八坂神社近くにあります。見学時間の目安は、60分から90分です。

トップへ戻る