Caminhos Brasil-Japão ONLINE. Boneco gráfico caminhando, com círculo vermelho atrás simbolizando o sol.

お知らせ

~日伯交流プロジェクト~
第2回『日伯修好ウォーク』

ジャパン・ハウス サンパウロによる日伯修好126年を祝しサンパウロ市、サントス市、カンポ・グランデ市、クリチバ市で文化ウォークを開催

第2回『日伯修好ウォーク』

第2回『日伯修好ウォーク』ジャパン・ハウス サンパウロ主催、在サンパウロ日本国総領事館と在クリチバ日本国総領事館が共催するイベントです。日伯修好126年を祝い、今回はサンパウロ市内を越えてサントス市(サンパウロ州)、カンポ・グランデ市(マット・グロッソ・ド・スル州)、クリチバ市(パラナ州)にて開催されます。11月28日、午前9:30からジャパン・ハウス サンパウロのYouTubeチャンネルとサイトから5つのコースの生配信を視聴することができます。イベントプレゼンテーターは日系女優であるブルナ・アイイソ氏が務めます。視聴者が5つのコースから好きなポイントを選んで視聴できるようになっており、各都市の日本移民に所縁のある場所の歴史や文化に触れることができます。また、各コースを巡る特別パーソナリティや招待者が語り部となって日系移民が果たした役割やブラジル社会への貢献をより豊かに紹介する内容になっています。

今回のイベントでは、サンパウロ市内で2つのコースを巡ります。1つはリベルダージ地区を歩いて散策するコース、もうひとつは車でサンパウロ市内にある日本を感じる場所をめぐ巡り紹介するコースです。ブラジル国内でも最大級の日系コミュニティがあるクリチバ市では、パラナ州を代表して日本との深い関係を紹介します。カンポ・グランデ市(マット・グロッソ・ド・スル州)では沖縄移民が農業とガストロノミーに与えた影響を中心としたコースになっています。1908年、最初の日本人移民者を迎え、長崎市と姉妹都市交流を持つサントス市では、ガストロノミー、サッカーを中心に散策し紹介します。

ジャパン・ハウス サンパウロ館長エリック・クルッグは第2回『日伯修好ウォーク』をサンパウロ市外で展開することによって沢山のストーリー、豆知識やブラジルの歴史と国民性に影響を与え、今も日本とブラジルの絆構築に貢献している方々をより多くの人の知ってもらえることをとても嬉しく思っています」と語っています。

本イベントは在サンパウロ日本国総領事館と在クリチバ日本国総領事館との共催で実施されます。トヨタ自動車のスポンサード、ブラジル日本文化福祉協会(文協)、日本ブラジル都道府県連合会(県連)、サントス日本人会、クリチバ日系文化援護協会、カンポ・グランデ日伯文化体育協会、カンポ・グランデ市沖縄県人会、兵庫県ブラジル事務所、サンパウロ市役所の協力を受けています。

各コースの詳細:

サンパウロ市(サンパウロ州)

サンパウロ市では女優のアナ・ヒカリ氏とジャパン・ハウス サンパウロ運営局長クラウジオ・栗田のコース、コミュニケーターのケンジ・ヤマイ氏のコースが用意されます。それぞれ別地点からスタートし、最後はジャパン・ハウス サンパウロに集合します。

ヒカリ氏と栗田局長のコースではリベルダージ公園にある書店・太陽堂やブラジル日本文化福祉協会(文協)などが含まれています。

ヤマイ氏は車でサンパウロ州移民博物館、サンパウロ市立市場、ミエ・ニシ市営野球場、日本館などサンパウロ市内にある日系コミュニティと深い関係を持つ場所を巡ります。

サントス(サンパウロ州)

サントス市ではサントス港、コーヒー博物館やサントス日本人会など、街の歴史と日本移民に所縁のある場所を巡ります。サントス日本人会会長サダオ・ナカイ氏、サントス日本人会イベント部部長兼青年部部長を務めるギリェルメ・ピキ氏が散策をしながら自身の経験や記憶を視聴者と共有します。

クリチバ市 (パラナ州)

姫路市と姉妹都市関係にあるクリチバ市(パラナ州)では、クリチバ日系文化援護協会・クリチバ学生連盟元会長ルイ・ハラ氏とインフルエンサーのラリッサ・オヤマ氏が移民メモリアルや日系アーティスト(マナブ・間部氏、井上麦氏、大竹富江氏)の作品がある日本公園からブラジル‐日本文化科学インスティテュートまでを散策する内容となっています。在クリチバ日本国総領事館・濱田圭司総領事も参加するこのコースでは、レストランTaishô Yakinikuやブラジルにおける椎茸の栽培など、日本に影響を受けたガストロノミーを紹介します。

カンポ・グランデ市(マット・グロッソ・ド・スル州)

カンポ・グランデ市ではガストロノミーを中心としたコースになります。ガストロノミー系インフルエンサーであるフェルナンダ・ヒベイロ氏(Onde Comer CG)とカンポ・グランデ日伯文化体育協会会長ネルソン・アゲナ氏が中央露店の蕎麦の伝統について語ります。その他、開拓先没者慰霊碑の建築、ヴィスコンデ・デ・カイル学校のレガシーや若者が参加する琉球國祭り太鼓グループを紹介します。

--

イベント:

第2回『日伯修好ウォーク』

開催日程:11月28日(日曜日) 
時間: 午前9:30より(ブラジル時間)
イベント時間: 90分程
無料
オンライン生中継の視聴はこちらから: https://caminhos.japanhousesp.com.br/

トップへ戻る